2021/05/24

SalesforceのSitesとは?Lightningとは?概要をご紹介

 
  

SalesforceのSitesとは?

SalesforceのSitesとは、公開Webサイトやアプリケーションが作成できるプラットフォームです。 SalesforceのSitesで作成した公開Webサイトやアプリケーションは、Salesforce組織と直接結合されるので、ログインする際にユーザー名やパスワードを入力する手間が省けます。また、独自に設定したURLを使用して組織の情報を公開することも可能です。

アクセス権限

SalesforceのSitesでは、アクセス権限を持つユーザーのみ情報を参照することができます。 Salesforce組織には、ユーザー、パートナー、商品、ソリューション、アイデアなどの重要なビジネスデータがあり、適切なアクセス権を持つユーザーのみが参照や使用をすることができます。 以前なら、これらの重要なビジネスデータを公開する場合は、WebサーバにカスタムWebページを作成し、サイトと組織でAPIによるデータの受け渡しを行う必要がありました。また、データを収集する際はデータ検証できるように検証用のプログラムを構築する必要もありました。 SalesforceのSitesを使用すれば、サイトと組織の受け渡しはLightning Platformで行うことができ、データ検証はVisualforceページで自動的に行われるため、検証用のプログラムを構築する必要はありません。

Sitesの使用例

SalesforceのSitesを使用した例をいくつか紹介します。 1.アイデアサイト サービスや商品に関するアイデアを共有したり評価したりするための公開コミュニティサイトを作成することができます。 2.サポートFAQ 顧客が問題発生時の解決方法を検索できる公開Webサイトを作成することができます。 3.ストアロケータツール 顧客が特定のエリア内の添付を検索できるツールをポータルサイトに追加することができます。 4.従業員ディレクトリ 閲覧者をIPアドレスで制限できるサイトを作成し、従業員ディレクトリを追加することができます。 5.社員募集サイト 公開サイトに業務内容を投稿し、訪問者が応募できるようにすることができます。 6.商品カタログ 公開サイトに会社の全商品、モデル番号、価格、商品画像を表示することができます。

Siteドメイン

SalesforceのSitesにおいて、ドメイン名を設定してURLを指定することができます。 ドメイン名を設定するには、次の方法があります。 1.SalesforceのSiteドメインを使用する方法 2.ドメイン名登録機関を介して登録する方法

SalesforceのSiteドメインを使用する方法

この方法を選択した場合、作成したSalesforce SiteドメインはすべてのSitesに使用されます。 作成したすべてのSalesforce SitesにSiteドメイン名が適用されます。例えば、開発者用、パートナー用、サポート用それぞれの公開サイトを作成する場合、会社のドメインが「http://SitesName.secure.force.com」とすると次のようになります。 http://SitesName.secure.force.com/developers ・・・ 開発者用URL http://SitesName.secure.force.com/partners ・・・ パートナー用URL http://SitesName.secure.force.com/support ・・・ サポート用URL

ドメイン名登録機関を介して登録する方法

この方法を選択した場合、ブランド化したWebアドレスを作成することができます。 例えば、「http://www.mycompanyideas.com」のようなブランド化したカスタムWebアドレスを作成できます。 Webアドレスに「secure.force.com」または「salesforce-sites.com」を公開せずに、カスタムドメインをSalesforceサイトドメインにリダイレクトする場合、CNAME レコードを作成する必要があります。

SalesforceのLightningとは?

SalesforceのLightningとは、スピーディーなアプリケーション開発やSalesforceを使いやすくカスタマイズするなど、Salesforceに搭載されたテクノロジーのことです。 SalesforceのLightningでは主に次のことが可能です。 1.スピーディーなアプリケーション開発ができます。 2.瞬時にインサイトを把握することができます。 3.業務情報に沿ったカスタマイズ性を提供します。 Lightning Experienceでは、Salesforceの表示を見やすく統一し、カスタマイズ可能なユーザーエクスペリエンスを提供しています。Lightning Platformでは、画面やモバイルアプリケーションを、ドラッグ&ドロップで効率良く開発やカスタマイズができます。

Lightning Sitesを有効化する方法

Lightning Platformで作成したWebサイトを有効にする方法を説明します。 Sitesを有効化するとメンバーがアクセスできるようになります。Lightning Sitesでは、すべてのメンバーにお知らせメールが送られます。Sitesを有効にするには次の手順を行います。 1.Salesforceの「設定」→「クイック検索」→「デジタルエクスペリエンス」を入力し、「サイト」を選択します。 2.「エクスペリエンスワーク」を開きます。 3.「管理」→「設定」を選択します。 4.「有効化」をクリックします。 5.「OK」をクリックします。

SalesforceのSitesとLightningを使いこなそう!

今回は、SalesforceのSitesとLightningについて説明しました。 SalesforceのSitesでは、Webサイトやアプリケーションが効率よく作成でき、アクセス権限に関しての処理も自動で行われます。SalesforceのLightningでは、スピーディーなアプリケーション開発の支援や、カスタマイズの支援が行われます。 ぜひこの機会に理解しておきましょう。]]>

この記事の監修者・著者

株式会社オープンアップITエンジニア
株式会社オープンアップITエンジニア
未経験からITエンジニアへのキャリアチェンジを支援するサイト「キャリアチェンジアカデミー」を運営。これまで4500人以上のITエンジニアを未経験から育成・排出してきました。
・AWS、salesforce、LPICの合計認定資格取得件数:2100以上(2023年6月時点)
・AWS Japan Certification Award 2020 ライジングスター of the Year 受賞
お悩み診断を始める